HTML5で何が変わるのかわかりづらい

このブログをはじめてまともに記事を書くのははじめてです。書きたいことがあったので筆をとりました。

今月号(というかもう先月号になるのか)、2010.11月号のWebDesigningでHTML5の特集があります。多分もうすぐURLの内容が変わると思います。WebDesigningはページの構造に難があるのでパーマリンクをしづらいのです。今回はあえてつけさせていただきます。HTML5関連の情報をみているとエンジニアの方が多いように感じ、自分のようなデザイナー職にとって気になるものはなかなか出会えません。もちろん参考になるサイトは沢山ありますよ。なのでWebDesigningがやってくれる特集は非常にありがたいのです。

自分は新しいものが好きなのでHTML5には非常に興味があります。しかし多くのウェブ運営者にとってはHTML5化することでどう変わるのか、何をすることができるのか、この点が明確にならないと普及しないだろうなあと思っています。
一番わかりやすいだろうことはビデオ再生環境でしょうか。今Flashに依存している部分をHTML5化することでスマートフォンやiPadにも対応 することができます。これによりユーザー増が期待できるので間違いなく対応するでしょう。

ではそれ以外でどうでしょうか。HTML5によってマークアップが変わります。<head>部分は若干簡素化します。これはいいですね。しかし<body>内は複雑になります。目的のひとつに現在<div>でマークアップされているものの内容を明確にすることがあります。そのためタグの種類が増えています。けれどもこれらを正確に使いこなすことができる人がいるのでしょうか?

<header>や<footer>タグはわかりやすいですよね。でも<article>と<section>の違いはどうでしょう。<article> > <section>という図式がありますが、これを遵守する意味は何でしょうか? また<hgroup>タグは本当に必要なのでしょうか? HTML4やXHTMLでも使う頻度が少ないタグが沢山あります。それらの仲間入りしそうなものを散見します。

<table>ベースからCSSベースへの移行はSEOが影響が大きいと感じています。実際Yahoo!などはサイトの作り方が大切ですので。しかし今後GoogleベースとなるしHTML5にするコストを考えると普及しづらいように思います。この点をいかにクリアするかということを今考えているのですが答えが出ません。うーーん。

Posted on by html5

Comments are closed.