日本JavaユーザーグループCross Community Conference開催

日本Javaユーザーグループ(JJUG)の、Cross Community Conference(CCC)が、10月18日に開催されます。
http://www.java-users.jp/contents/events/ccc2010fall/index.html

以下開催告知の引用です。

2010秋のJJUG CCCは、10月18日に開催されます。

この間のJavaを巡る一番大きな変化は、何といっても、この15年間Javaの世界を牽引してきたSunが存在しなくなったことだと思います。OracleのSun買収に伴って、Javaの主宰者はOracleに代わりました。

誕生から15年たって成熟期を迎えていることもあり、Javaは、今、大きな転換点に立っているのかもしれません。

この15年間、Javaの世界は大きく広がりました。

エンタープライズの世界では、Javaはデファクトの標準開発言語になり、オープンソースの世界でも、もっとも利用されている言語になっています。JVM 上の、JRuby、Groovy、Scalaといった言語も、発展を続けています。また、AndroidでのJavaの採用は、Javaに関心を持つ層を 大きく広げています。

一方、Webの世界の広がりは、クライアント側でのJavaScriptを中心とするScript言語の比重を大きく高めています。また、エンタープライ ズでのクラウド技術への関心の高まりは、従来のエンタープライズJavaの、コモディティ化を、さらに進める可能性があります。

僕は、個人的には、Java is Back! の可能性を追求しているRod Johnsonの分析 The Future of Java Innovation に、共感しています。JJUGとしても、Javaの今後について、いろいろ考えていきたいと思っています。

そうした取り組みの一つとして、今回のCCCでは、9月に開催された、JavaOneの報告会を行います。転換期にあるJavaの今後に、興味のある方、是非、今年の秋のJJUG CCCにご参加ください。

沢山の方の参加を期待しています。

日本Javaユーザーグループ 会長 丸山 不二夫

こちらは開催概要の引用です。

開催日時
2010年 10月 18日 (月) 10:00 – 19:25 (9:30 開場)

会場
国立オリンピック記念青少年総合センター 東京都渋谷区代々木神園町3-1
小田急線参宮橋駅下車徒歩7分/地下鉄千代田線代々木公園駅下車徒歩10分
>> 会場までの地図

参加費
無料

申込方法
下記”参加登録” をクリックしてください

主催
日本 Java ユーザグループ

個人情報の取り扱いについて
お申込戴きました情報は個人を特定できる状態で、本団体以外の第三者に開示することはございません。(法律により開示が要求された場合、または他のお客様、あるいはイベントに関係する団体・個人の権利などを守る場合に必要という判断が合理的にされる場合を除きます)

HTML5-Developers-jpの白石さんと羽田野さんも登壇します。

「実例から学ぶHTML5アプリ開発」白石俊平さん(株式会社OpenWeb Technology)
HTML5についての基本的な知識をお持ちの方を対象に、講演者自身の開発経験を踏まえて、HTML5アプリ開発の問題点や解決策を探ります。

「Dive into Canvas」羽田野太巳さん(有限会社futomi)
HTML5でも良く話題に上がるCanvasの特徴を奥深くまで追求します。
Canvasや図形を描いたり色を塗ったりするといった簡単な描画はもちろんのこと、さらにその奥には、Canvasならではの機能が数多く盛り込まれています。
CanvasとSVGの違い、レイヤー効果、パフォーマンス対策、変形のテクニックなどを紹介します。

もしよろしければ参加してみてはいかがでしょうか。

Posted on by html5

Comments are closed.